まさゆき通信

経済文教委員会が開催されました。

第1回定例会に提案される平成23年度の補正予算案及びその関連議案のうち経済文教委員会所管部分について説明がありました。

また、旭川冬まつりの開催結果について報告がありました。前年と比較すると、会期が1日少なかったこと、期間中に休日が2日しかなかったこと、悪天候による交通網の混乱などもあって、観客動員数が68万人(対前年度比28%減)まで落ち込んだとのことでした。(あさっぴー雪像頑張って作ったのに・・・)

議会運営委員会が開催され、第1回定例会の日程が決まりました。

会期は2月21日(火)から3月23日(金)までの32日間です。

議会開会後の2月21日から、まずは平成23年度の補正予算案など時間的に余裕のない議案について先に審議し、2月24日に採決が行われます。

その後、2月27日に市長が市政方針、教育庁が教育行政方針の演説を行い、平成24年度予算案などについての審議が始まることになります。

3月2、5日に市政方針、教育行政方針について各会派代表による代表質問、3月6、7日に議案の大枠について大綱質疑が行われ、7日後半から予算等審査等特別委員会において本格的に議論が交わされることになります。

最終的には、23日に採決が行われ、定例会が終了することになっております。

日程の詳細についてはこちらをご覧下さい。

本日、第1回定例会招集の告示がありました。

2月21日(火)から第1回定例会が始まります。

——————————————————————————

第1回定例会の勉強会(会派毎に議案の説明を受けます)が行われました。

今議会は、平成24年度予算案を中心に議論が進められます。

平成24年度の一般会計予算額は1,526億(対前年度比2.0%減)であり、特別会計の予算額を合わせると2,701億円(対前年度比0.8%増)が計上されております。

主な事業として、

  • 市内3小学校における小学校1年生30人学級の試験的導入
  • スタルヒン球場のナイター照明設備の整備
  • JR旭川駅における彫刻美術館サテライト・スペースの開設
  • 北彩都地区における歩くスキーコースの整備
  • 買物公園40周年記念事業

などがあげられております。

また、その他の議案としてあがっている

  • 子ども条例の新規制定
  • まちづくり基本条例市民検討会議条例の新規制定
  • 介護保険条例の改正

なども議論の中心になりそうです。

山のような資料の束ですが、十分にその内容を精査して、来週からの議会に臨みたいと思います。

広聴広報委員会が開催されました。

平成23年11月に開催した「市民と議会の意見交換会」で皆さんから頂いたご意見等ついて、今後どのような行程で皆さんにフィードバックするかについて話し合いを行いました。

また、H24年度の市議会だよりについて、皆さんに親しみを持って頂けるように専門業者に構成・デザイン等をお願いしてみようということになりました。

    第53回旭川冬まつりが開幕!

    12日(日)まで5日間の開催です。

    あいにくの天気の中、私もオープニングセレモニーに出席して参りました。(かなり寒かった・・・)

    今回のテーマは、「トランスフォーム」。

    ㈱タカラトミーの特別協力により、メイン雪像に「トランスフォーマー」のキャラクターと新しくなったJR旭川駅がデザインされています。

    メイン雪像に設置された「ぶんぶんスライダー」は、なんと全長100m!! 大人でも十分に楽しめると思います。

    また、今回から登場した冬マルシェでは、定番の旭川ラーメンをはじめ、旭川の当地グルメ「しょうゆ焼きそば」や「旭川まん」を食べることが出来ます。

    ぜひ、会場に足を運んで、冬の旭川の魅力を堪能して頂きたいと思います。

    十一会で制作したあさっぴーも忘れずにご覧下さい。

     

    このページの先頭へ