二つの分科会における質疑が終了し、市長も交えた総括質疑が行われました。

総括質疑とは、市長が分科会に出席しないことから、政治的な判断など市長でなければ答えることの出来ない議題について改めて質疑を行うものです。

国民健康保険について説得力のある質疑が行われ、私自身も勉強になりました。

—————————————————————————————————————————————–

経済文教委員会が開催されました。

小学校におけるフッ化物洗口を実施しないよう求める陳情2件について、各会派の判断を求められました。

市民クラブとしては、

  • 市民の口腔機能低下防止のためにも虫歯予防が重要であり、そのためにもフッ化物洗口が有効な手段であるとの考えから、平成21年第3回定例会において「小学校等におけるフッ化物洗口を推進する決議」を提出し、議会の議決を頂いているところである。
  • フッ化物洗口の「安全性」、「有効性」については、日本口腔衛生学会、日本歯科医師会などの医学専門団体が正式な見解を示しており、厚生労働省もフッ化物洗口ガイドラインにより4歳から14歳までの期間に実施することが虫歯予防に大きな効果をもたらすとしているところである。

といったことなどから、陳情者の願意には添い難い旨の判断をさせて頂きました。

 

このページの先頭へ