6日、7日の二日間にわたり大綱質疑が行われました。

私たちの会派では安田幹事長が質疑を行いました。

主な内容は以下のとおりです。

  • 除雪体制について
  • 成年後見制度について
  • 子どもの健康づくりについて
  • 子ども条例について

なお、大綱質疑が始まる前に、平成23年度の補正予算として除雪費1億9千万円が追加提案され、全会一致をもって可決しました。

財源の一部に昨年4月に行われた市議会議員選挙執行費の不用額(余ったお金)が充てられております。不用額を生じた要因の一つに、選挙カーを出さなかった候補者がいたこともあると聞き、あの時の判断がこのような形で市民の皆さんに還元されたことを嬉しく思いました。

また、本会議終了後、予算等審査特別委員会が設置され、二つの分科会において本格的な予算審議が行われることになりました。

私も、総務・経済文教分科会委員に選出されております。

 

このページの先頭へ